アパレル・ファッション業界の転職

アパレル・ファッション業界の転職

仕事内容は?

高級ブティックをはじめ、ファッション専門店、百貨店に入っている服飾ショップや個人経営の店舗等で勤務します。

仕事内容は、来店してくれたお客さまに対して明るく元気な挨拶をすることはもちろん、洋服選びに悩んでいるお客さまへのアドバイス、試着のサポート、レジ業務などのほかに、商品の補充、陳列のチェックなどが主で、主力商品をディスプレイし、お客様に店の個性をアピールしたり、商品の並べ替え、売れない商品の入れ替えなども行います。

また、単に商品を売るだけでなく、お客様の好みや希望に合わせてトータルファッションをアドバイスしたりすることも求められます。

販売している商品を把握し、素材・色・形など最新の流行を熟知し、お客様にアドバイスをする上で、ショップスタッフとしてその店の商品にふさわしいセンスある着こなしをしていることも大切になってきます。

また、お客様に快適に選んでいただくために店内の掃除をしたり、乱れた洋服をたたみ直すなど商品整理や仕入れた商品の検品作業、タグ付け、ディスプレイ、在庫管理なども重要な仕事です。

正社員・契約社員としての雇用の他にも、派遣スタッフやアルバイトとして採用されることも多いので、未経験でも歓迎のショップも沢山あります。

必要なスキル

必要な資格等はありませんが、扱う商品によって専門知識や資格が必要な場合もあります。

利用客の好みなどを、会話の中から聞き出すコミュニケーション能力も必要なスキルの1つで、接客の際に自然な笑顔でお客さまを迎えられることも重要となってきます。

就業後に接客応対の基本的なコミュニケーションスキルや販売知識を深める研修が行われるケースも多いので、未経験であっても活躍できる仕事ですが、流行や最新ファッションの情報にも常に敏感でいることが大切になります。

いくら素晴らしい商品を並べていても、それだけで商品が売れるとは限りませんので、オシャレでセンスのよい店員の姿を見ることで、「自分もこんな風に着こなしたい!」という購買意欲に繋げていく事が大事です。

活かせる経験やスキル

・短い時間で相手の好み等を聞き出すコミュニケーション能力
・他職での販売経験やサービス経験
・販売士やファッションコーディネート・色彩能力検定などの資格

身に付くこと、キャリアステップ

相手の気持ちを汲み取るコミュニケーション能力や接客マナー、高いファッションセンスが身に付きます。

お客様とのやりとりの中で商品に関する知識など、多岐にわたる話題に対応できるスキルも磨かれていきます。

未経験者の場合、最初はいち店員としてスタートしますが、キャリアを積むことでマネージャーや店長、エリアマネージャーなどへステップアップする人も多く、中には本社勤務となる人もいます。

そうなると、ただ接客や商品管理を行うだけでなく、スタッフの教育・管理を任されたり、毎月の売り上げ目標を立てたりと、店舗運営に直接関わる仕事にも携わる様になっていきます。

このように、アパレル店員にはさまざまな仕事がありますが、「接客のプロ」であることが求められます。

この仕事に就く人のナマの声

・自分の好きなブランドに囲まれて仕事ができるのがうれしい。
・日々の売り上げが目に見えるので、自分の成長も目に見えるし、課題や問題点も見つけやすく、それを改善すべく毎日新しいことにチャレンジできています。
・人が喜ぶ顔を見ることができる仕事です。
・イベント等が重なると、体力的に辛い部分があります。
・勤務時間がばらばらで不規則な生活になりがち。
・お客さまによって響く言葉・嫌な言葉があるので、選びながら会話する事が難しい。

アパレル・ファッション業界の求人はコチラ