歯科衛生士の転職

歯科衛生士の転職

歯科衛生士の仕事

歯科医師の指導のもと、診療補助や予防処置・保健指導を行い、歯科医療をサポートするのが主な仕事です。

いつまでも自分の歯を健康に保つためにはフッ素を塗布したり、プラークや歯石などの汚れを取り除くことが大切となり、診療のアシスタントや患者さんとのコミュニケーションを快適かつスムーズに行ったり、安心して来院していただくための信頼関係を築いていく事や、専門的な立場から、正しい生活習慣や歯磨きの指導をするほか、器具などの準備や管理・受付事務やカルテの整理なども行います。

歯科衛生士になるには国家資格を取得する必要があり、よく歯科助手と混同される事が多いのですが、歯科助手には資格が不要であり、歯石除去などの口腔ケアは一切出来ないのに対して、歯科衛生士は解剖学や病理学など、医学の基礎や口腔衛生学などを専門知識として身につける必要があります。

歯科衛生士になる為には

歯科衛生士は歯科衛生士法に基づく厚生労働省認定の国家資格です。

高等学校を卒業後、歯科衛生士養成機関(専門学校・短期大学・大学)を卒業することで国家試験の受験資格が得られ、その試験に合格すると歯科衛生士免許を取得することができます。

身に付くこと、キャリアステップ

実務経験を積むことで知識・技術が向上します。

また、予防歯科、審美歯科という業務が増えていますので、ホワイトニングコーディネーターや審美学会歯科衛生認定士、インプラント専門歯科衛生士などの認定制度があり、衛生士はこうした認定を受けることにより、専門分野に特化した歯科医院への転職の際に有利になります。

歯科衛生士として働きながら、さらに専門分野の学びを深めるためにセミナーへ行ったり、認定資格を取ったりと、常にスキルアップができます。

この仕事に就く人のナマ声!

・長く働けば知識も増えるし、ずっと続けられる仕事だと思います。
・診療時間が決まっているので、家庭と両立できます。
・不況にかかわらず求人が途絶えることがない。
・医学は日進月歩のため、勉強が欠かせない。
・常にレベルアップが求められる。
・患者のどんな世間話にも付き合わなければならない。

まとめ

歯科衛生士という国家資格は一生ものですので、結婚や出産後にもそれまでの経験を活かして働くことができます。

就職先によっては雇用形態が色々ありますのでパートタイムで働くことや家事や育児など家庭との両立も可能です。

以前までは女性の仕事とという認識が強かったのですが、現在は男性の歯科衛生士も多数活躍しています。

 

歯科衛生士の求人はコチラ