介護・福祉の転職

介護・福祉の転職

介護の仕事

介護士の仕事は、介護施設の利用者が快適に暮らせるようにお手伝いや介助をすることです。

食事や排せつ・着替えやお風呂等、身の回りの事を1人では出来ない高齢者のために、親身になって介助をします。

他にも話し相手になったり、レクリエーションなどで交流を深めたりと、施設によって違いますが、色々と仕事は盛り沢山です。

基本的には、利用者を肉体的、精神的に支える事が介護士としての主な役割となります。

働く場所は?

介護士として働く場所は、大きく3種類に分かれています。
・入所型・・・24時間体制で入所している高齢者の介護をする
・訪問型・・・高齢者の自宅を訪問して介護をする
・通所型・・・デイサービスなど、昼の時間帯に通ってくる高齢者のサポートをする

介護職は、就業場所の業務形態によって仕事の内容が色々と変わってきます。

施設の数が一番多い【入所型】の場合、特に身の回りのお世話が中心になります。

【通所型】は主にデイサービスなどで、施設を利用する高齢者の送迎や、食事・お風呂のお手伝い、またリハビリなどのサポートが中心になります。

【訪問型】は、ケアマネージャー(介護支援専門員)が作ったケアプランに基づいて、高齢者のお宅に訪問し、食事や排せつのお手伝い、また通院や買い物の付き添い等も行います。【在宅介護】もこれに当たります。

未経験でも大丈夫

未経験だからと言って働くことが出来ないという事のない業種になります。
初心者お断りの施設もごくまれにありますが、ほとんどの施設で初心者歓迎の募集をしています。

確かに経験者が入ってきてくれると助かるとは思いますが、未経験者でも3ヶ月もあれば一通り出来る様になるので安心して下さい。

1番大切な事は、介護の仕事をしたいという気持ちですし、正直人員不足の事業所もたくさんありますので、未経験者だから申し訳ないという事はありません。

資格がなくても大丈夫

介護士は資格がなくても働く事が出来ます。

長年働いている人でも資格を持っていない人も沢山いらっしゃいます。

もちろん資格があれば重宝されたり、給料も上がりますが、、資格がないからといって面接に落とされるような職業ではありません。

必要な資格などは、事業所負担で取らせてくれたりす事も多いので、1度事業所に相談してみてください。

※資格がない場合、訪問型(在宅看護)では身体介護をする事が出来ません。
身体介護とは、食事や排せつ、着替えやお風呂など利用者の体に関わるお手伝いが必要な介護のことで、「介護職員初任者研修」を修了する事で身体介護が出来るようになります。

介護士のスキルアップ

【介護福祉士】

必要なスキル

介護福祉士は、2015年度から一定の教育プロセスを経たあとに、国家試験を受けて資格を取ることになりました。

受験資格を得るには、
「福祉系高校を卒業する」
「特定高校を卒業し実務経験を9か月以上積む」
「大学の福祉系学部や社会福祉士・保育福祉士養成施設などで必要な科目を履修し、さらに指定の養成施設で1年以上学ぶ」
などの方法があります。

社会福祉士も国家資格が必要なので、仕事をするためには社会福祉原論・老人福祉論・心理学や法学などの幅広い知識が必要となります。

介護福祉士も社会福祉士も、福祉に対する情熱を持って仕事に向き合っている人が多いのが特徴です。

相手の立場に立ってものを考え、相手を包み込む包容力や忍耐力があると役立ちます。

【介護支援専門員(ケアマネージャー)】

一般的にはケアマネージャーと呼ばれていますが、現在は介護支援専門員という名称になりました。

医療や福祉などの専門知識を活かし、利用者の心や体の状態に合わせたケアプランを作成することが主な仕事となります。

5年以上の実務経験が必要になりますが、現場から離れられる事から、ここを一つのゴールにしている人が多く見られます。

【レクリエーション介護士】

最近新しくできた資格なので認知度は低いのですが、高齢者に生きる喜びや生きがいを持ってもらい、笑顔で過ごせることを目的とした活動を行うことが仕事となります。

高齢者とのコミュニケーション能力や、レクリエーション知識を身につける事が必要となってきます。

講座が終了すれば認定される民間の資格となります。

資格があると、活躍できる場所が増えるだけでなく、自分のスキルアップ、キャリアアップにもつながりますので、介護の世界で働いていくためには、必要な資格はしっかりと抑えておきたいところです。

経験を積んでいけば、相手の言葉の裏にある気持ちを汲み取る力もつくでしょうし、施設で働いている場合は、リーダーや介護長・施設長などのマネージャー職にステップアップしていく道があります。

実務経験を5年以上積んだ後に、介護を必要としている人や家族からの相談を受け、介護のケアプランの作成を行うケアマネージャーを目指すという選択肢もありますし、高齢者福祉の現場では介護保険施設における生活相談員、障害者福祉の現場では障害福祉サービス事業所の生活支援員など、幅広い活躍の場が広がっています。

この仕事に就く人のナマ声!

・子どもがいて急な休みがあっても理解がある。産休もとれる。
・関わる人からの感謝の言葉が多い。
・自分の好きな分野でスキルを身につけることができそう。
・PCで書類を作るときや、皆さんの前で話をするときなど、事前準備が大変!
・給料が上がり、自分の時間がもてるようになった。
・人員が少ないときは体力的に疲れる。

どこで仕事を探すのがいいのか?

専門のサイトで探す事をお勧めいたします。

会社の情報だけでなく、就職に関するコラムなどの就職情報が載っているサイトも多く、はじめて介護業界への就職を考えている人にとってすごく心強く、担当者からのアドバイスを頂けたりしますので、本当に良い職場を探す事が出来ると思います。。

介護士の仕事は、これからも高齢者が増え続けるであろうことを考えると、今後ますます必要となってくる職業です。

ここ最近の介護職の求人を見ても、給料や待遇がかなり良くなってきている事を感じます。

長く働ける仕事として、選択肢のひとつにしてみてください。

介護・福祉の求人はコチラ