フリーランス・ITエンジニアの転職

フリーランス・ITエンジニアの転職

ITエンジニアとは

ITエンジニアとはIT関連の技術者の総称であり、ITエンジニアという職業があるわけではございません。
ITエンジニアと呼ばれる職業には次のようなものがあります。

・システムエンジニア
・プログラマー
・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア

システムエンジニアの仕事内容

顧客の要求から仕様等を決定して、大まかな設計までの情報システム開発における工程を担当します。
その際に、予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務全般も大切な仕事になります。
※企業や開発チーム等によってシステムエンジニアの仕事内容は異なる事があります。

システムエンジニアが担当する工程は【要求分析・要件定義】【基本設計】【詳細設計】【テスト】が主な仕事内容となります。

1. 要求分析・要件定義

顧客にヒアリングを行い、顧客がどのようなシステムを望んでいるのかを明白にし、すべての要望に応えることは無理がある場合が多いので、システム開発に必要な期間や費用を算出して、顧客の要求をどのように実現するのか決定していきます。

2. 基本設計

顧客のニーズを実現する為のシステム設計を行う工程です。
要求の分析や要件の定義をもとに、システムにどのような機能を持たせていくのか、表示方法・操作方法はどのような形で行うのかなどの仕様を決定していく工程です。

3. 詳細設計

基本設計で決めた機能に対し、どのようにすればその技術や仕組みが実現するのかを設計する業務で、プログラマーがプログラミングをするために必要になってくる細かな設計を行う工程です。

4. テスト

プログラミングが完成した後に、設計通りにシステムがきちんと動作をするかテストをする工程です。

システムエンジニアに必要とされる能力

1. コミュニケーション能力

システムエンジニアには技術力はもちろんですが、コミュニケーション能力が欠かせません。
要求の分析や要件定義の工程で顧客が希望しているニーズを的確読み取り、顧客が抱えている問題の解決策を分かりやすく説明してあげる必要があります。
チームをまとめていくためにも、コミュニケーション能力は必須となります。

2. 技術的能力

顧客にシステムの提案やわかりやすく説明をする場合や設計を行うために必要な能力で、プログラミングの前段階の設計を担当するため、プログラミングの基礎知識も身に付けることも大切となってきます。

3. マネジメント能力

タイトなスケジュールで行われることもあり、遅れる事なくスケジュールを管理したり、出来るだけチーム全員に同じように仕事を振り分けるマネジメント能力も求められます。

システムエンジニアになるためには?

システムエンジニアに必要な能力は、技術的能力・コミュニケーション能力・マネジメント能力です。

どれも必要な能力なのですが、より専門的な能力を必要とするのが「技術的能力」になります。
顧客や技術者とコミュニケーションをとる際に、専門知識や技術力がなければ最適なシステムを提案することができません。

システム開発などをマネジメントする時にも、専門知識をもとに想像できる幾多のリスクや解決方法を考えていかなければなりませんので、システムエンジニアになるためには、技術的能力が備わっていることが必要最低限の必須能力になるのです。

IT技術は日進月歩であるため、システムエンジニアは日々研究に励まなければすぐに置いて行かれてしまいますので、仕事の合間を縫ってIT系の資格取得に励んだり、各種勉強会に参加したりしている方も少なくありません。

新しい技術やITに興味があり、日々努力し続けられるという方におすすめの職業です。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェア開発の主力となります。
プログラム言語を駆使して、システムエンジニアの設計に基づいたソフトウェアをプログラミングしていくのが仕事となります。
システムエンジニアとプログラマーを兼任している方が多くいます。

ネットワークエンジニア

外部からの不正アクセス・停電・破損等によるデータの消失を防ぐためにも、社内のネットワーク環境の構築・保守などをしっかりと行っておかなければなりませんので、ネットワーク環境の構築・保守に携わるのがネットワークエンジニアの仕事です。

データベースエンジニア

情報の引き出しを円滑化し、最良のサービスを提供するために、顧客情報やこれまでの仕事の成果をデータベース化する事が必要になりますので、データベースの構築とシステムの保守を行い、連携に役立てるのが仕事です。

ITエンジニアは再就職にも強い

ITエンジニアは技術専門職ですので、一定水準の技術と経験があれば、どこの会社にとっても喉から手が出るほど欲しい人材ですので、たとえ現在の仕事を辞めたとしても、転職先を見つける事は難しくない職業になります(ちゃんと選んで転職しなければ、ブラック企業の多い業種です)。
技術と知識があれば、再就職の道以外にも、フリーランスとして独立して活動するということも可能となります。
大きなプロジェクトがある時に、外部から雇われるという形で、作業に従事するスタイルで働くITエンジニアも少なくありません。

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアは個人事業主です。
フリーランスエンジニアの方が稼ぐ為には、企業と業務委託契約や業務請負契約を結ぶ事から始まります。

企業と契約を結ぶ為には、開業届を住んでいる役所に提出しなければなりません。
この開業届を提出してい為に契約を結ぶ事の出来ない企業も多くあります。
開業届を提出したら、自分自身で営業や宣伝をして、契約してくれる企業を探します。
個人事業主になるので、すべての仕事を自分自身でこなすのが、フリーランスエンジニアなのです。

フリーランスエンジニアになったからと言って、何もしないのにいきなり仕事を依頼される事はあまりありません。

人脈や企業とのパイプがないフリーランスエンジニアはエージェントに所属している人も多いようです。

エージェントは、エンジニアに代わって、営業や、打ち合わせ、トラブルがあった時の対処までしてくれますし、税金関係の事にも相談に乗ってくれるエージェントも多いようです。
技術や経験があれば報酬の高い仕事を取ってきてもらえるので、自信がある方や、最初に経験を積みたい方などにはおススメです。

ITエンジニアの4つの魅力

1.最先端技術に常に触れることが出来る

ITの現場は日進月歩ですので、1年後には全く新しい技術が開発されていることも珍しくありません。

もともとITに興味があり、常に進化し続けるIT業界の最先端に携われる事は、この上ない喜びになるでしょう。
もちろん、最先端の技術ではなくても、自分が触れたことのない技術を学ぶチャンスも豊富にありますので、色々なことにチャレンジしてみたいという方にも向いている職業です。

2.イメージが形になる

モノづくりを行なうエンジニアは、自分が作りたいものをイメージして仕事に取り組みます。
色々と試行錯誤しながら作っていくことで、そのイメージが形となり動き出した時の喜びは、エンジニアの方は誰しも経験した事があると思います。
自分が開発した製品使ってくれた人から、レビューや感謝の言葉を貰えた時などは、自分自身の達成感と幸福感にも繋がります。

3.常に人と触れ合う

ITエンジニアは常にパソコンに向き合っているイメージがありますが、もちろんそのような事はありません。
依頼するクライアントの声を聞き、それを形にするために各ポジションの人たちと連携を取って作業をしていきます。

依頼されたものが完成すると、クライアントからのお礼の言葉や、完成品をエンドユーザーが使い、その完成品に対して満足出来ましたなどの嬉しい声を聞くようになります。
その声を聴けたときの、ITエンジニアはたまりません。

4.全体的に高収入

ITエンジニアは全体的に平均値より年収が高い傾向にあります。

もともとモノづくりが好きな人にとっては、最先端のモノづくりに携われるし、人から感謝されるし、高い報酬をもらうことが出来る最高の仕事といえるでしょう。

ITエンジニアは、他の職業の平均年収と比較してみても100万円程度高いといわれています。
それに、年功序列ではないので、技術や成果が評価されて、自分のスキルや経験を上げる事によって、年収も上がっていきます。
人によっては年収1,000万円以上も夢ではない職業です。

ITエンジニアとして成功するための4つの心得

1.ITエンジニアになった動機をしっかり考える

「仕事を通して便利なものを作りたい」「モノづくりが好きだ」という動機があると、多少つらい事があっても乗りきれる活力になります。

2.コミュニケーション能力を高める

自分が「こうしたい」と思っていても、一緒に仕事をする人の共感を得られないと、望んだ事が出来ずに仕事が面白く無くなってきますので、どうすればもっと良いものが作れるかのを、一緒に仕事する人と話し合い実現するコミュニケーション能力が必要となります。

3.スキルを高めることに貪欲になる

1番大事な事はスキルになりますので、「コレで来たら良いな」とか「面白そうだからやってみよう」と自発的にスキルを習得できるようになれば、より一層仕事が楽しくなります。

もちろん、休む時には休むといった様に、自己管理も必要となってきます。

4.会社えらびは慎重に

ブラック企業が多いと言われているIT業界ですが、それは下請構造が原因として考えられます。
特に下請けの下請けとなれば、力関係上どうしても弱く、労働者に負担が及びがちです。

就活中の方は目先の給料や会社が売りとしているポイントだけを見るのではなく、「会社が業界でどの立ち位置にあるのか?」とか「現場で働く従業員の様子はどうなのか」とか「会社で労働規定をきちんと定めているのか」などの視点で見てみると良いでしょう。

 

ITエンジニアの求人・

フリーランスエンジニアの仕事依頼はコチラ