看護師の転職

看護師の転職

医師よりも患者に近い存在で、患者のケアや医療補助を行う専門職

仕事内容とは

医師の診察や指示に基づいて、患者の診療の補助をしたり、患者が入院生活を過ごすうえでの日常生活の援助や看護を行う。
【詳しくは、問診や各種検査・点滴や注射・食事や排泄の補助・検温や入浴の介助をしたり、患者の移送・体位交換・記録・巡回・ベッドメイキング等。】
患者の症状を常時正確に把握し、医師に報告する事。
時には患者だけではなく、患者の家族への対応も行います。

進歩している医療体制の中で、患者の健康管理や療養・リハビリ生活の相談にのったり、患者の体だけではなく、心のケアを行ったりと医療チームの中でも機械化出来ない重要な役割を果たします。

患者と接する時間が医師よりも断然長いので、患者の異常に最初に気付くことができるのが看護師である事から、患者の命を預かる責任の重い仕事と言えます。

職場は主に病院や診療所ですが、その他に障害者福祉施設、老人保健施設、訪問看護ステーションなど幅広くあり、雇用形態は常勤職員と非常勤職員(パートなど)がございます。
看護師になる為には専門的な知識や技術を学び、国家資格の取得が必要です。

必要なスキルとは

・国家試験に合格して看護師資格を取得することが必須
国家試験の科目は、基礎看護学、人体の構造と機能、在宅看護論等。

正看護師以外にも、都道府県での試験に合格し知事より免許を交付される准看護師がいます。

どんな状況でも冷静な判断が要求され、臨機応変に対応する事が求められます。

患者は老若男女色々いますので、コミュニケーション能力も必要です。
また、医療の世界は日進月歩ですので、前向きに新しい技術や知識を学ぼうとする向上心も大事になってきます。

24時間患者はいるので勤務時間が不規則になり、長時間勤務やストレスに耐えられる体力や精神力も必要となってきます。

看護職のキャリアアップ

医療の高度化が進む中で、看護の質やケアの向上を目的とする「専門看護師」「認定看護師」「認定看護管理者」の3つの資格がつくられました。

日本看護協会では、【教育機関の認定と専門の教育・研修を受けた看護職】への資格認定を行っています。

看護の現場で、知識や技術を磨き、専門性を高めるキャリアアップの選択肢の一つとして、これらの資格取得を目指す看護職が増加しています。

専門看護師:本会の専門看護師認定審査に合格し、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人や家族、集団に、水準の高い看護ケアを効率よく提供するため、特定の専門看護分野の知識や技術を深めた者をいいます。
実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たすことにより、保健医療福祉や看護学の発展に貢献します。

認定看護師:本会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術や知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいいます。
看護現場の中で実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。

認定看護管理者:本会の認定看護管理者認定審査に合格し、看護管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させる能力を有する者です。
多様なヘルスケアニーズを持つ個人や家族、地域住民に対し、質の高い組織的看護サービスを提供することにより、保健医療福祉に貢献します。

この仕事に就く人のナマの声

・子どもができても産休の制度もあり、働きやすいです。
・基本的に一日中立っているので、足腰に負担がくる。
・急な手術が入ったりするので、仕事後の友達と遊ぶ時などは確約できない。
・患者から感謝の言葉をいただいたとき、やりがいを感じます。
・専門知識が多く必要で、勉強が大変。
・貯金が増えた。

ーー看護師の求人はコチラーー