薬剤師の転職

薬剤師の転職

仕事内容は?

薬剤師は医薬品に関するスペシャリストです。
患者の病気やケガを治すために、薬を調合したり研究したりするのが主な仕事です。
調合や販売した薬をどのタイミングで飲めばいいかを患者に説明する服薬指導も行います。

調剤薬局では、医師が出した処方せんをもとに薬を調合します。
その際、医師が指示した薬がその患者にとって問題がないか、確認をする作業も行います。
病院では、注射液や点滴・内服薬までさまざまな薬を管理し、各患者に合わせた薬を用意するのが仕事です。
他には、製薬会社や健康食品、サプリメントの製造会社、研究所などの勤務もあります。

近年では、ドラッグストア内にある調剤薬局での仕事も増えています。
仕事には細かく正確な作業が必要不可欠で、薬剤師がいい加減な分量で薬を配合をすれば、薬の副作用で逆に患者の健康を奪うことにもつながります。
また、薬学の知識を上手に患者に伝えられるコミュニケーション能力も求められます。

活かせる経験やスキル

・薬剤師資格(国家資格)
・薬剤師としての実務経験
・患者に薬の服用や効用を説明できるコミュニケーション能力
・パソコンの基本スキル
・薬学に関して常に勉強する向上心
・注意力や集中力

調剤薬局で働く薬剤師の主な仕事

・調剤業務
・服薬指導
・薬歴管理

薬剤師が常駐する調剤薬局では、医師からの処方箋に不備がないかをチェックしますが、このときに保険番号や有効期限、患者さんのお薬手帳を見せていただき、重複投薬や相互作用の恐れがないかも確かめる必要があります。

何もなければ調剤業務をスタートしますが、何か不備や疑わしい点がある時は、処方箋を書いた医師に疑義照会をしなければなりません。

薬の用意が完了したら、患者さんにお薬の説明をして手渡しますが、服薬指導の際に患者さんとのコミュニケーションをしっかりとって説明が一方通行や自己満足にならないよう注意する事が必要になります。

飲むタイミングや飲み方などを分かりやすく伝え、他に服用している薬があれば、飲み合わせや飲むタイミングについてもキチンと説明しなければなりません。

調剤薬局は、患者さんにとって最後の砦(医療機関)です。
それだけに、薬剤師の役割は重要で、処方箋の不備・重複投薬・薬の飲み方、タイミングをしっかりチェック・説明をするのを怠らないようにしなければなりません。
使い方によっては、症状が改善されないばかりか、かえって悪くなるケースもありますので、そのことを常に頭に入れて、患者さんとのコミュニケーションをしっかりとって、信頼関係を築けるようすることが大切です。

ドラッグストアで働く薬剤師の主な仕事

・一般用医薬品の販売
・相談業務

※調剤薬局併設のドラッグストアの場合は、その他にも調剤薬局と同じく、「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」を行うことになります。

ドラッグストアでは調剤薬局とは異なり、市販薬やサプリメント・健康食品などを扱うため、幅広い知識も必要となります。
さまざまな知識を吸収したいと考える薬剤師にとっては面白い職種といえます。

実に多岐に渡る業務をこなさなくてはなりませんが、将来的には医療用医薬品が第一類医薬品に移り変わっていく可能性もあるため、こうした知識を得られるという点では、調剤薬局よりも将来的に優位だといえます。

製薬会社で働く薬剤師の主な仕事

・創薬
・CRC
・CRA
・MR
・臨床開発
・DI業務

ーーー創薬ーーー

新薬を開発する仕事です。
薬を開発するには多くの研究や臨床試験を行う必要があり、莫大な時間とお金がかかるため、製薬会社の命運がかかっているといっても過言ではありません。
創薬に携わるには薬学部で学んだ知識だけでなく、大学院での高度な知識と能力が求められるため、新薬開発のスペシャリストといえます。

ーーーCRCーーー

治験コーディネーターと呼ばれ、医療機関の治験を支援するSMO【治験施設支援機関】において、被験者のケアや服薬指導・医師のサポート・外部企業との調整を行うなどの仕事などがあり、治験の契約から進行、モニタリングといった治験が終了するまでの全てに携わります。

ーーーCRAーーー

臨床開発モニターと呼ばれ、製薬会社に代わって開発を行うCRO【医療品開発業務受託機関】において、治験から新薬申請までの手続きを進めます。
中でも一番重要なのが、治験が適切に行われているかを検証、確認するために行うモニタリング訪問です。

人と接するのが好きでコミュニケーション能力を生かしたいという方はCRC、専門的な薬学の知識やデータ管理能力を生かしたという方はCRAを選ばれると良いでしょう。

ーーーMR(医薬情報担当者)ーーー

MRはMedical Representativesの略で、仕事内容は自社で開発した医薬品を適正に使用してもらう事と自社の医薬品を普及させるために、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性などの情報を提供する事が仕事です。

医薬品の情報提供だけではなく、薬の副作用等の情報収集も行い、研究開発担当者への報告をするなど、製薬会社と医療機関をつなぐ橋渡しという大切な役割も担っています。

MRは営業職という認識を持つ方が多かったのですが、1997年にMR認定制度が導入された事により認識が変わってきました。

具体的な業務は、もちろん担当する病院や医院によっても異なりますが、基本的には医療機関を1日数件訪問して自社製品の説明をしながら、医師や医薬品卸の担当者たちとの信頼関係を築いていく事が重要な仕事です。

医師との信頼関係が築けるという点で、将来的に調剤薬局の開業を考えている人にとってはMRの仕事は有利となります。

臨床開発(QC,QA,DM)

ーーーQCーーー

QCとは品質管理部門のことを言い、新薬開発において治験が適切に行われているかを評価・検証するのが主な仕事となります。
CRA(臨床開発モニター)が作成した書類をチェック・検証することで、違反や逸脱を未然に防ぎ、医薬品の品質向上を担う重要な仕事です。

ーーーQAーーー

QAとは品質保証部門のことを言い、医薬品の製造から出荷までの評価と検証を行い、不良品が販売されないようにするための大切な仕事です。
万が一不良品が出た場合には、原因を調べて改善するという重要な仕事も任されます。

ーーーDMーーー

SASやオラクルなどの高度な専門知識や情報処理能力が求められる仕事となります。
適確な判定管理や治験進捗管理サポート・症例報告書のチェックやデータ入力管理・誤記チェックなどの記録作成を行い、信頼できるデータを報告書に反映させるための重要な仕事です。

ーーーDIーーー

DIとはDrug Informationの略で、医薬品情報を管理するスペシャリストとなります。
業務内容は、副作用や臨床実験でのデータ等、日々研究開発が進められる医薬品に関する情報を収集・整理し、その情報を必要とする人に適切な形で提供する事が仕事となります。

製薬会社や医薬品の卸業者・大きな病院などにDI室が設置されています。

病院での業務は、主に院内の医師や看護師などを対象に情報収集や提供を行いますが、時には治療過程で副作用が出た場合など、緊急性のある業務へも対応しなければなりません。

製薬会社や卸業者での業務は、病院のDI業務担当の薬剤師からの問い合わせの対応や、医療従事者や社内の営業からの業務に必要な資料提供を求められる事もあり、高度な専門知識と資料作りなどのスキルも必要となります。

病院で働く薬剤師の主な仕事

以前の病院薬剤師主な仕事は調剤業務でしたが、現在では薬剤師としての総合的な能力が必要とされています。

・調剤業務
・服薬指導
・医薬品の管理
・薬歴管理
・薬剤師外来
・DI業務

最近では医師や看護師、その他医療スタッフとともに連携して行う業務も増えてきています。

TDMと呼ばれる薬物治療モニタリングでは、医師と協議し患者さんに合わせた薬物療法を行ったり、抗生物質や臓器移植等の免疫抑制剤など、薬の血中濃度を測定するという業務もあり、調剤薬局に比べると仕事の幅が広く、やりがいを感じられる職種でもあります。

身に付くこと、キャリアステップ

薬学に関する幅広い知識や技術が身につきます。
キャリアアップを目指す人は、薬剤師の責任者である管理薬剤師の資格取得を目指す事をお勧めいたします。

子育てなどでキャリアをストップしたとしても、調剤薬局や病院などは毎年増加傾向にありますので、転職しやすい職種と言えるでしょう。

歳を重ねて、具合が悪い箇所が自分にも出てくる事により、お年寄りの気持ちがわかるようになりますの、この仕事は積み重ねた経験と年齢が活かせる仕事と言えます。

この仕事に就く人のナマの声

・資格があるため比較的自分の好きな形態で働ける。
・薬だけでなく、保険や治療法など様々な知識が身につく。
・自分ひとりの判断を迫られることがあり、対応力が鍛えられる。
・一日中立ちっぱなしなので、腰痛もちになった。
・5時までの就労時間で早く帰れる。
・薬品という責任の重いものを扱うにも関わらず、患者さんを待たせてはいけないという焦りからミスを起こしかねない不安が常にある。

転職は新たな一歩でもありますが、いざ踏み出してみると描いていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありませんので、そうならないためにも、転職のプロが親身に相談にのってくれ、適切なアドバイスをくれる薬剤師向けの転職サイトに登録される事をオススメ致します。

薬剤師の求人はコチラ